【これは私の呪いだ】映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」 レビュー・考察

f:id:kenken726:20180419214310j:plain


前作もさることながら、今作も傑作。好きすぎて既に何度も鑑賞している一本です。簡単にですが、好きなポイントを列挙していきたいと思います。

※ネタバレあります。

 
 
【スポンサーリンク】
 
 

1.原作をなぞった展開の織り交ぜ方

f:id:kenken726:20180419213044j:plain


今作ではホームズと宿敵モリアーティ教授の対決を中心に物語が進みますが、その最後はコナン・ドイル作のシャーロック・ホームズシリーズ「最後の事件」をなぞる形で終わりを迎えます。というのも、本作シャドウゲームでのラストシーンもスイスの瀧。原作と同じくアルプス山脈に在するライヘンバッハの滝でした。原作では目撃者が誰もいなかったことから、滝壺へホームズと教授が格闘の末、転落したのだろうと結論付けられましたが、シャドウゲームではその様子も鮮明に描かれています。もっとも、実際に格闘するわけではなく、お互い”ヴィジョン”の中での格闘なわけですが。前作では、ホームズがこの”ホームズ・ヴィジョン”を駆使し、数多くの局面をくぐり抜けていましたが、ホームズと同等かそれ以上の天才であるモリアーティ教授もまた、同じく”ヴィジョン”をみることができ、体こそ動かさないものの、脳内では熾烈な格闘が繰り広げます。そして勝敗さえもすでに脳内で決します。このシーンの直前にチェスの早打ちを両名はしていましたが、途中から盤面を見ずに脳内で打ち始めます。そして同時にお互いの状況を伝え、脅迫にも似たやりとりをしながら。痛快なのは、彼らが自らの才能を信じ、出し惜しみすることなく、ホームズであれば善の為に、モリアーティであれば悪の為に、その才能を行使する点でしょう。

 

2.ホームズの圧倒的な才能

f:id:kenken726:20180419213115j:plain


なんといってもこれ。”ホームズ・ヴィジョン”もさることながら、ホームズの才能の真髄は、その洞察力と推理力です。特に印象的だったのは、2つのシーン。

①モリアーティ教授の研究室にあった園芸書籍と窓際にあった枯れた鉢植えから暗号解読に繋げたシーン

文字通り、研究室に教授の専門である数学や宇宙学とは関係の薄い園芸に関する書籍に違和感を感じ、同室の鉢植えの植物が枯れていたことから「植物を育てる為にこの園芸の書籍を使っているわけではない」と関連付けています。また、公園で鳩に餌をやりながら赤い手帳を開く教授の姿を見て、自分と同等の天才である教授でさえも手帳に記録し、覚えておく必要がほど重要度の高い事柄とは?と感じた違和感を各国に売りさばいた武器や弾薬、包帯のことなのでは?と仮定し、結果的に教授の悪事へとたどり着きます。確かにヒントとしては、その関連性が見えないこともありませんが、確信を持ってその後の行動を決めるあたり、ホームズが自分の才能を信じていることが伺えます。
 

②マダム・シムザとホームズがダンスをしながら、いずれかの国の大使になりすました暗殺者を探すシーン

ここでシムザから「何をみているの」と問われたホームズが「すべてだ。これは私の呪いだ。」と答えますが、文字通り、和平会議の会場にいるすべての人間が話す内容、小さな所作、癖、軍服、勲章に至るまでそのすべてを目で見、耳で聞いている描写があります。常人にはとても真似できるはずもありませんが、ここで印象的だったのは、ホームズがいつもの軽口を叩かず「呪いなんだ」と語っていた点にあります。ここからは推測ですが、ホームズ自身のこうした病的とも言える洞察力は、多くの場面で役立ち、探偵という立場上有益なものと言えますが、一人の人間として見た時、小さい頃から聞きたくもない声が耳から流れ込み、見たくもないものに気づいてしまい、それがきっかけでやっかみを言われたり、意味もなく敵意を向けられていたこともあったのかもしれません。物語だけに限らず、すべての事象、行動に意味があるのだとすれば、ホームズにこうした才能が与えられたのは、巨悪を打ち砕くためだったのかもしれません。ホームズの凄さは、その才能を使うことを放棄せずに、善に向かって進み続けたことにあります。
 

3.バレットタイムを用いた迫力の逃走シーン

f:id:kenken726:20180419213027p:plain

 
物語の中盤、モリアーティの刺客によって暗殺された商人マインハルトの武器工場へ忍び込み、モリアーティの企みを暴こうとするシーンがありますが、そこはホームズと並ぶ天才、モリアーティは先手を打ち、ホームズは捉えられ、拷問の末、兄マイクロフトへ電報を送ったことを吐きます。ここで、別行動していたワトスンが巨大な大砲で灯台を打ち抜き、見事ホームズの救出に成功し、脱出を試みますが、モリアーティの右腕である狙撃の天才、モラン大佐率いる追手に阻まれます。ここで追われるホームズ達と追うモラン大佐たちの様子をバレットタイムという撮影手法を使って描いています。バレットタイムに関しては以下の通り。
バレットタイム(英語: Bullet-time[1])はSFXの一つで、被写体の周囲にカメラをたくさん並べて、アングルを動かしたい方向にそれぞれのカメラを順番に連続撮影していき、被写体の動きはスローモーションで見えるが、カメラワークは高速で移動する映像を撮影する技術、またはその効果を指す。タイムスライス、マシンガン撮影 ともいう。また、並べたカメラを一斉に同時撮影すると、被写体は静止ないし低速で動作した状態でカメラアングルが動く映像が作れる(『マトリックス』で、ネオが足に弾丸を受けるシーン)。

同じシーンが複数の角度から見れたり、スローになったりすることで、息づかいの荒さや山中を走り抜ける音にも意識が向けられるシーンとなっています。また、同シーンは、ホームズたちは死の恐怖から、モラン大佐もまたしくじった場合の死の恐怖からかなり互い追い込まれている状況だったため、通常以上に集中し、そしてアドレナリンが過剰分泌された状態だったとも言えます。よく、スポーツ選手が「ゾーンに入った」「相手の動きがスローに見えた」と語ることがありますが、あの現象も同じく極度の集中状態やアドレナリンの効果であると言われています。映像として迫力満点であると同時に、彼らの心理状態、集中状態も表した秀逸なシーンと言えます。

 

 

 

4.総評

f:id:kenken726:20180419214927j:plain

 

原作を確実になぞりながら、ガイ・リッチーらしさも感じられるアクションシーンや演出、もはや一探偵の冒険譚というジャンルを優に超えている作品。ながらで見ようと思っても途中から画面に釘付けになってしまうような魅力がこの作品にはあります。それはホームズとワトスンの友情であり、ホームズの圧倒的な才能であり、モリアーティという魅力的な悪役あってのこと。原作と俳優と監督、脚本、カメラワーク、その全てが絶妙に絡み合ってできるバランス。傑作です。

 
 
「ジュードとは会った瞬間に意気投合した。彼には洞察力があって、最高のホームズ映画を作る意欲が伝わってきた。映画評論家たちが僕とジュードのケミストリーが素晴らしいと褒めてくれるけど、『ケミストリー』って普通は男女のラブストーリーに使われる言葉だよね。別にラブコメを作ったわけじゃないけど、この映画はある種の愛の物語といってもいいかもしれないね」
 -”映画.com”ロバートダウニーJrインタビューより

 

 

 

 

kenken726は…

(最も好きな作品のひとつ。)

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする