読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【透き通るような声色と耳に残る歌詞】『リリィ、さよなら』ご紹介。

f:id:kenken726:20150928210621j:plain

ここ最近

テレビやネットで無料で音楽が聞けるアプリが出回ってますよね。「LINE MUSIC」とか「AWA」とか。

 

 

 

 で私もAWAを利用していたんですが、普段聴くアーティストやジャンル、タイプに似た曲を紹介してトップページに表示してくれる機能があって、これが良い。もちろん無料アプリですので(期間限定ですが)登録されていないアーティストや曲も多々ありますが、十二分に満足できるサービスだと思います。

 

 

 

 

 

f:id:kenken726:20150928212810j:plain

リリィ、さよなら

そしてその機能からたまたま聴いたのがこの「リリィ、さよなら」なんですよね。

作詞作曲家でもあるVo.ヒロキのソロプロジェクトとして2013年より活動を開始。2013年11月「約束」を配信。同時にYouTubeにて「約束」のMusic Videoを公開。ライブ活動など、表立った活動がなかったにもかかわらず、1週間弱で約3,000回再生を記録。2014年1月末には「ナイト・トレイン」を配信。
2014年7月〜10月に放送されたテレビ朝日musicるTV」内コーナーの音楽作家塾に出演。その時に創った「EBiDAY EBiNAI」が超特急のシングルとして2014年11月12日に発売され、作家としてデビュー。オリコンウィークリー7位を記録する。
2015年2月25日1stミニアルバム「リリィ、さよなら。」をリリース。文化放送「LISTEN? Live 4 Life」2月度後期エンディングテーマとして再度起用されるなど、各所で評判を呼ぶ。3月21日渋谷gee-ge、3月29日熊本B.9 V3で行われたワンマンライブは両日共にSOLD OUT。
等身大のリアリティ溢れる、私小説のような詞の世界観は、早耳のロックファンやSSW系、ニコ動系など、ジャンルに囚われず、様々なシーンから注目されている。

http://lilysayonara.com/より引用

 ミニアルバムのタイトルにもなっていますが、アーティスト名も「リリィ、さよなら」あれこれ説明するのもあれなのでひとまずお聞きいただければと。残念ながら全曲は聞けるサイト/動画が見つからなかったのでとりあえず。と思ったらあった。これです。個人的に好きなのはベタですが「流星ドライブ」という曲。下の動画だと2:30あたりから。アップテンポながら1つ1つの言葉が物語のように展開していく曲。ラブソングのようにも聞こえますが、本人曰く親友との出来事が元の曲なんだそうです。Acid Black Cherryのボーカルyasuさんの声にも少し似てるのかなと。高音と裏声への移り方が個人的に好きです。


【リリィ、さよなら。】1st ミニアルバム「リリィ、さよなら。」クロスフェード - YouTube

歌詞はこちらから。

www.uta-net.com

 

 

 

 

由来は

「個人名でシンガーソングライターとして活動していたんですけど、個人名を出すとどうしても人間そのものが先行しちゃう気がして。僕はバンドが好きだったし、もっと“音楽”を先に届けたかったので、バンド名っぽいものを考えた結果出てきたのが“リリィ、さよなら。”でした」

これは地元熊本にゆかりのある文豪・夏目漱石の短編小説「夢十夜」の、「死んだ恋人が百合の花になって100年後に会いに来る」という話がモチーフになっている。たった3ページで美しく切ない世界観が記されていることに衝撃と感銘を受け、自分も“歌”という短い時間の世界で「夢十夜」のように人々に感動や共感を届けたいという思いから名付けられた。これ以外にも様々な意味が込められているという。

http://www.barks.jp/news/?id=1000113041より引用

 とのこと。アーティスト名の由来からして既に文学的というか。KANA-BOONとか[Alexandros]とかとは違いますよね。笑(どちらも大好きなバンドですが)

活動開始が2013年ということで比較的新しいアーティストなんでしょうか。とは言え、音楽通でもないのでこういう出会いは大事にしたいものです。

 

 

 

 

2ndミニアルバムが発売予定

10月21日に2ndミニアルバム「ハッピーエンドで会いましょう」が発売予定。


【リリィ、さよなら。】2ndミニアルバム『ハッピーエンドで会いましょう』クロスフェード - YouTube

タワレコiTunesで購入予約すると特典があるようなので気になる方はチェックしてみてください。

ハッピーエンドで会いましょう特設ページ

 

 

ハッピーエンドで会いましょう

ハッピーエンドで会いましょう

 
リリィ、さよなら。

リリィ、さよなら。

 

 

 

余談ですがこれらのアートワークを担当されているのはイラストレーターのpomodorosa さん。検索したすごく好きな作風だったのでこれまたいい出会いでした。なんなら読者さんにはこっちのが注目されるのかも。

pomodorosa.tumblr.com

 

 

kenken726は…

(CDセールスが落ち混んでいるこんな時代ですが、アプリやフェスは加熱しています。音楽がCDという媒体を離れただけで人々の心から音楽がなくなることはこの先もきっとないんじゃないかな。なんて。出会いは新たな出会いを呼ぶ。)

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする