東京喰種√A 最終回を見て 感想

f:id:kenken726:20150405224012j:plain

 

東京喰種√A最終回見ました。

以下ネタバレあり。

 原作を全部読んでる身からすればかなり物足りない内容だったかなと。前回の亜門との戦闘シーンは結構迫力あってよかったけど今回は特にバトルもなく、静かにヒデが倒れちゃったみたいな。原作だとヒデと会うのは有馬との戦いの直前ですし、意味深な言葉をいくつもカネキに投げかけるんですよね。アニメだとカネキがCCG側に渡すような描写でしたが、原作だとカネキと会話したあとにいなくなるんです。(一説では瀕死のカネキが食べてしまったのではなんて噂もあります。)有馬との戦いも静止画なのにも関わらず圧倒的な迫力と熾烈さを感じる名シーンと言えます。そして有馬の圧倒的な強さが描かれています。あれだけ強くなったカネキがまったく敵わず瞬殺されてしまいうくらい…。とまあ原作についてのことが多くなってしまいましたが、アニメでも有馬とこの後戦うのかな?みたいなシーンはありましたよね。最終話までは比較的作画も崩れず頑張っていらっしゃっただけに少し残念。戦闘シーンに関わらず最終回は全体通して視ている側に考えさせる、想像させるシーン、描写が多かった。というかそれしかなかった。ラストシーンでトーカちゃんが新しく:reというカフェをオープンさせたようなシーンがありましたが、これもなんとも言えない。あそこだけ出してしまうと「続きも絶対見てね」的な印象がかなり強くなってしまうし。まあアニメの最終回をこんな形で終えたのも原作を爆売れさせるためなのかなーとも思うし、それはそれでいいのかなとも。アニメから入ったけど原作も読んで、やっぱり好きだわ東京喰種ってなればみんなが幸せですし。戦闘シーン入れて崩壊しててもそれはそれで叩かれる要因になりかねませんし。1期、2期と見てきたけど個人的には1期の方が楽しめましたかね。なんて。

 

 

広告を非表示にする