読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスターズユニバーシティ

映画

先日先日観てきました。

モンスターズ・ユニバーシティ

">20130219_4160814.jpg








いわずとしれたディズニー・ピクサー制作のアニメ映画の続編。正確には前作「モンスターズ・インク」よりも前の話、マイクとサリーの大学生活を描いた作品となっています。

それではまずはあらすじから。(公開可能な範囲で)
小学校の授業でモンスターズ・インクの見学にきたマイケル・ワゾウスキ(マイク)は、"怖がらせ屋"フランク・マッケイの勇姿を目の当たりにし、自分も怖がらせ屋になることを決意する。 月日は流れ、マイクはフランクの出身校・モンスターズ・ユニバーシティ(MU)に入学することに。
マイクが所属する、怖がらせ屋を育成する「怖がらせ学部」には著名な怖がらせ屋を代々輩出するサリバン家のエリート、ジェームズ・P・サリバン(サリー)やランドール・ボッグス(ランディ)も入学していた。 しかしサリーは自らの才能にかまけており、なにかにつけて努力家のマイクを馬鹿にする。
そして、怖がらせ学部の期末試験の日。試験に臨もうとするマイクとサリーだったが、二人は小競り合いの末ハードスクラブル学長の記念悲鳴ボンベを壊してしまい、ついには学長に「二人とも怖がらせ屋には向いていない」と言い放たれてしまう。 学部を追放され、苛立つサリーと意気消沈するマイク。そんな時、部屋に戻ったマイクの目に飛び込んできたのは、MUの伝統行事「怖がらせ大会」のチラシ。彼は怖がらせ学部に復帰するために大会への出場を決意する。出場資格は6人の団体であること─そんな中マイクとサリーを唯一受け入れてくれたのは、MUの落ちこぼれ達が集うサークル「ウーズマ・カッパ」。へんてこながらも愛すべき仲間たちと大会での優勝を目指すことになる。衝突しながらも友情を深めていくマイクとサリー。 果たして、彼らは怖がらせ屋として再び認めてもらえるのか─?
[wikipediaより]

">3e40915395c99a0a8d62471118b12952.jpg







とりあえず一言いうとすれば、思っていたよりも現実を突き付けられる作品となっています。

人は誰しもがやりたい事と適性が一致しているわけではない。

というのを案外シビアに描いています。(もちろんハッピーエンドですが)

">img.jpg








したがって子供も楽しめる作品であると同時に大人が観ても楽しめる、というよりなにか思うものがある作品ではないかと感じました。自分に子供がいれば小さい頃から観せたい・・・。

個人的には前作「モンスターズ・インク」よりも好きな作品でした。
ネタバレになるので言えませんが、マイクとサリーがモンスターズ・インク社でどのようにして最強の怖がらせコンビとなっていったのかも描かれていて、その部分にとても共感しました。(きっと最近まで続いていた就活のせいだと思います。笑)
">
13021302_Monsters_University_01s.jpg











常に努力を続け怖がらせ屋になろうとするマイクと
才能のみで怖がらせ屋になれると思い込んでいるサリー
この二人が対象的に描かれ、二人の関係、そして二人の共通の夢である「怖がらせ屋」が叶うのかどうか、ここも見どころだと思います。

本作を観て

観るものに夢を与え、いろんなことを考えさせてくれる作品ってやっぱりいいな

と純粋に思いました。

映画いいよなあ。

夏休みお子さんと劇場で是非。(まわし者ではありません。笑)


モンスターズ・インク ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]モンスターズ・インク ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2013/06/19)
ジョン・グッドマンビリー・クリスタル

商品詳細を見る