読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舟を編む

映画

おはようございます。けんけんです。
今日はまた過去に見た作品の紹介をしたいと思います!
紹介する作品は

舟を編む

">funewoamu_img2.gif












まずはあらすじから。
時代は1995年。出版社・玄武書房で営業をしていた馬締光也(まじめ・みつや)は、辞書編集部にスカウトされ、24万語の見出し語を収録する、中型国語辞典「大渡海(だいとかい)」の編纂作業をすることに。馬締は営業ではまったく役に立たなかったが、下宿している早雲荘の1階を書庫にしてしまうほどの本好きだった。早雲荘は坂の途中にある木造のオンボロアパートで、大家のタケおばあさんが2階を使っており、住人は馬締1人。その早雲荘に、板前修業中のタケおばあさんの孫娘の香具矢(かぐや)がたまたま来ており、香具矢を見た馬締は、一目で恋に落ちてしまう。辞書編集部では、「大渡海」には、「まじ」「ダサイ」「うざい」「チョベリグ」「BL」などの若者言葉も収録し、「すごい」という意味で使われる「やばい」の“誤用”(「やばい! これ、まじ、美味しい!」など)なども織り交ぜ、「生きた辞書」にしたいと意気込んでいた。馬締は、監修者の松本先生の、言葉の意味を知りたいということは誰かの考えや性格を知りたいということで人とつながりたいということ、という言葉に感銘を受ける。一方、香具矢への恋に落ちてしまった馬締は、先輩の西岡や、辞書編集部の佐々木さんの助言もあり、ラブレターを書いたのですが・・・。

おおまかなスト―リーはこんな感じです。このあらすじだとラブロマンス要素が強いような気がしますが実際にはラブロマンス要素は
そんなに多くない。むしろ、ほとんどない。」といって差し支えありません。

なので松田隆平さんと宮崎あおいさんのラブストーリーを期待していた方は残念かもしれません・・・。

ところで主人公である馬締光也を松田隆平さん

">hunewoamu_main2-thumb-960x639-536.jpg









ヒロインの香具矢を宮崎あおいさんが演じています。

">hqdefault.jpg











ネタバレになってしまいますが夫婦になったあとは言葉や行動でどうこうというよりも目に見えない深いところでの愛を感じるような印象でした。(言葉にすると難しい・・・)

対照的にタイトルでもある辞書作りのシーンにはとても力を入れており、馬締が言葉の海(?)に溺れるような比喩表現もあり、制作側の熱意を感じました。

">1044714_628432503835574_563144876_n.jpg









画像はイメージですが馬締は会社でも家でも約15年にわたって辞書制作に没頭します。そのあいだ香具矢は黙って馬締を献心的に支え続けました。先にも書きましたがこのようなシーンから深い愛情を感じることができました。

全体を通して描かれていたのは

1つのことにまじめに取り組むこと
取り組み続けること
その大切さ そしてそれがいかに辛いことなのか

だったように感じました。(あくまで私見ですが)
1つのことに取り組み続けることは並大抵の努力ではかないません。しかも、取り組み続けるためにはたくさんの犠牲を伴うことになることもあります。(これは辞書制作に関してですが)そのうえ、多くは結果がでないまま、あるいは期待どおりのものを得られないことが大半です。これは誰もが心のどこかではわかっていながら、なかなか受け止めることのできない、直視したくないことがらです。この作品で描かれているのは、そんな辛さ、大変さが常に付きまとう
それでもやりたいと心から思えるもの
に生涯をささげる生き方だったのではないかと思いました。

最後にもうひとつ。
作中の前半あたりでタケちゃんのはからいから香具矢と出かけることになった馬締が普段は出さない楽しそうな雰囲気を感じるシーンがあり、そのシーンから松田さんの演技にも魅了される作品でした。(これもあくまで私見)

ぜひぜひ一度は見ていただきたい作品です。


舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る

舟を編む  映画パンフレット 監督 石井裕也 キャスト松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾舟を編む 映画パンフレット 監督 石井裕也 キャスト松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾
()
Livraison

商品詳細を見る

広告を非表示にする